メンズTBCのスーパー脱毛(ニードル脱毛)そんなに痛い?体験した本音…

メンズTBCのスーパー脱毛ってそんなに痛いの?実際に体験した本音…

メンズTBCと言えば「TBCスーパー脱毛」で永久脱毛できることで定評がありますよね。

別のページでも書いていますが、僕はヒゲ脱毛のためメンズTBCのヒゲ脱毛体験をしていますが、毛穴に極細の電極を差し込んで毛乳頭(毛根)に微弱電流を流して破壊するため、味わったことのない痛みと驚きがあります。

今回はメンズTBCの「TBCスーパー脱毛(ニードル脱毛)」の痛みについて詳しく解説していこうと思います。

メンズTBCの脱毛方法は『TBCスーパー脱毛』という名称ですが、つまるところ「電気脱毛(ニードル脱毛)」という方法です。

メンズTBCのスーパー脱毛の特長_公式ページ
参考:TBCスーパー脱毛 | メンズTBC公式

上記はメンズTBC公式サイトの「TBCスーパー脱毛」の記載ですが、「美容電気脱毛」とも書かれていますね。

また、「もう生えてこない」とも記載されており、TBC側でも永久脱毛を謳っていることが分かります。

【ポイント】

メンズTBCの「TBCスーパー脱毛」=美容電気脱毛(ニードル脱毛)

ニードル脱毛の特長(他の医療レーザーやフラッシュと比べて)

ニードル脱毛とはプロープと呼ばれる細い電極を毛穴に直接差し込み、毛の毛根(毛乳頭)へ微電流を流して直接破壊する方法です。

皮膚の表面から照射して熱破壊する「医療レーザー脱毛」や「フラッシュ(光)脱毛」に比べて、確実に毛乳頭を直接破壊するので「確実な永久脱毛」と言えるかもしれません。

「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」の3つの脱毛方法の特徴を比較すると以下のようになります↓

3つのヒゲ脱毛方法 ニードル
(針脱毛)
医療レーザー照射 フラッシュ
痛み 中(麻酔が可能なので)
料金
効果
施術資格 不要

ニードル脱毛は「毛乳頭を破壊する」という確実さは3つの方法の中でも最も優れている反面、1本1本の毛を直接脱毛するので、費用が最もかかりますし、何より痛い脱毛方法でもあります。

ニードル針ヒゲ脱毛はマジ激痛!クリニック選びで脱毛方法は超重要だから!

ニードル(針)ヒゲ脱毛はマジ激痛!クリニック選びで脱毛方法は超重要だから!

2020年4月19日

実際にメンズTBCの「TBCスーパー脱毛」でヒゲ脱毛した時の痛さは…軽い注射くらい

過去に脱毛体験コースが半額500円のキャンペーンをやっていたので、永久脱毛を体験すべくメンズTBCの脱毛体験を予約して受けてきました(TBC脱毛体験の詳細は以下のページです↓)

メンズTBCで永久脱毛予約体験してみたよ♪ニードルの痛みはどの位?

『メンズTBC』永久脱毛の予約体験してみたよ♪ニードルの痛みはどのくらい?

2020年4月19日

脱毛体験時はお試しで150本だけヒゲ脱毛できるという事で、事前にかなり痛いと聞いていた「TBCスーパー脱毛」を実際に受けた感想ですが…

正直かなり痛いです!!

事前に色々調べていて「無茶苦茶痛かった」とか「我慢できるくらいの痛さ」とか色々あったので身構えていたのですが、「ギリギリ耐えられる痛み」ではありますが、1本1本をその痛みで脱毛して何百本も脱毛するので、「1本1本が苦痛」というのが本音で「早く終わってほしい」と祈る感じでした。

まず体験した事のない部類の痛みなので、「痛さの具合」を表現するのは難しいのですが、例えると細い注射を何本も打たれるくらいの痛みです。

1回の施術で平均500本程度のニードル脱毛をするので、毎回注射を500本打たれにいくような心構えです。

どちらかというと微電流を流す際の驚きも半分入っているので、慣れればもう少しマシになるとスタッフの方は言っていましたが… 慣れる気がしないです。

追記:
現在メンズTBCに通い始めて1年が経ちます(このページを書いて1年後)が、
スタッフと話しながら脱毛を受けられるくらいに、ニードル脱毛の痛みには慣れました。(それでも痛いけど)
 
痛い分確実に脱毛した部分はヒゲが生えてこないので、最終的な脱毛効果には満足しています。

途中で脱落して比較的痛みの少ない「医療レーザー脱毛」に切り替える人もいるんだとか…

某「医療レーザー脱毛クリニック」で聞いた話ですが、「メンズTBCなどのニードル脱毛の痛みに耐えられず、途中で医療レーザー脱毛にのりかえてくるお客さんが結構多い」んだとか。

「永久脱毛の為に我慢したい」ところはありますが、この痛みを何千回も味わうわけですから、気持ちはかなり分かります。

もちろん痛みの感じ方は個人差があり、痛みに強い人・我慢できる人は問題ないと思いますが、痛みに弱い人・敏感な人はニードル脱毛はかなり厳しいでしょうね。

メンズTBCの場合、事前に脱毛体験コースで食らった上で契約するかを決めることができるのがまだ救いですね。

「ニードル脱毛」と「医療レーザー脱毛」の両方を体験したうえで痛みを比較すると…

ちなみに自分は「ゴリラクリニック」という医療レーザー脱毛も経験しています。(実は痛み比較のために両方体験しました 笑)

「ニードル脱毛(TBCスーパー脱毛)」と「医療レーザー脱毛」の両方の痛さを比較すると、圧倒的に医療レーザー脱毛の方がマシです。

特に医療レーザー脱毛を施術してもらった「ゴリラクリニック」の場合、笑気麻酔で痛みを和らげることができる点も大きかったと思います。医療レーザーで施術を受けながら、スタッフと話せるくらいの余裕がありました。

ちなみに脱毛機器は2種類あり「イオシス」「エピ」で痛み(と料金)が若干違う

メンズTBCの「TBCスーパー脱毛」に使う脱毛機器は「」と「」という2種類があり、脱毛時の出力が違うので痛みが違い、また1本あたりの脱毛単価も以下のように異なります↓

メンズTBCの脱毛機器2種類「Hiエピ」と「イオシスエピ」の1本当たりの脱毛単価一覧表

上記の価格に契約する本数に応じた割引が入るのですが、「Hi-エピ」と「イオシスエピ」では10%くらい脱毛単価が異なるのが分かりますね。

脱毛体験時は150本を安い方の「イオシスエピ」で行い、最後に数本だけ「Hi-エピ」の痛みを体験させてもらいました。

スタッフ曰く「2つの脱毛機器は脱毛効果は同じだけど、痛さが若干違う」とのことで、通常使う「イオシスエピ」よりも「Hi-エピ」の方がより一瞬で出力するので、痛みを感じ方が異なるんだそうです。

個人的にはどちらも痛かったので、あまり違いを感じられませんでしたが 笑

TBCスーパー脱毛後は赤く腫れるのでケア必須!

またメンズTBCに限りませんが、ニードル脱毛は「痛み」以外にも、「施術後に赤く腫れる」という点にも気を配る必要があります。

他の医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に比べても、ニードル脱毛は毛乳頭にピンポイントに熱が発生するので、皮膚の奥で軽いやけど状態になり、脱毛直後から赤く腫れた状態が目立ちます(以下はお見苦しいですが僕の体験脱毛直後の状態です↓)

メンズTBCのヒゲ脱毛の施術後の様子_赤くなっているが確実に150本分が無くなっているのが分かる_800

どの部位をニードル脱毛したのか一目瞭然なほど、その部位が赤く腫れているのが分かると思いますが、これはその部分がやけどしているからなんですね。

メンズTBCでは施術後のケアには特に重点を置いているようで、脱毛直後は数分間ジェルを塗って冷却と保湿を徹底していました。(帰宅後ももらったパックで10分間ほど冷やして保湿するように言われました)

また、メンズTBCでは契約すると自宅ケア用に結構な値段する化粧品を反強制で購入することになるのですが、これは脱毛後に自宅で冷却と保湿をするためのものですね。

僕の場合は「クールゲル」と「クリーム」でした。

また個人差はあると思いますが、僕の場合は脱毛の翌日まで赤みが残ったので、翌日に人に会うイベントがある場合には、脱毛の予約を入れるのはお勧めしませんし、その辺も考慮する必要があります。

メンズTBCのスーパー脱毛を体験した人の痛みに関する意見

と言っても僕1人の痛みの意見だけ聞いても、正直納得できませんよね。

僕以外のメンズTBCでヒゲ脱毛をした人の意見をネット上で探してみました↓

やはり”痛い”という意見が大多数でしたが、「耐えられないほどではない}という意見がほとんどで、永久脱毛には痛みが伴うのを実感します。

メンズTBCには「150本限定の脱毛体験コース(1,000円)」というお試し体験をやっているので、実際に受けてもらえれば確実に分かると思います。